ハイスピードカメラ(高速度カメラ)、画像解析、運動解析ならディテクト

  • サイトマップ

MENU

ハイスピードカメラ(高速度カメラ)

HAS-U1

HAS-U1画像

USB3.0バスパワー動作
131万画素1,280x1,024で200コマ/秒内蔵メモリ記録 / DMA転送ハイブリッドモデル

【新製品】USB3.0メガピクセル小型軽量高速度カメラ・ハイスピードカメラ
HAS-U1

“USB3.0高速インターフェース”に完全対応した手のひらサイズのハイスピードカメラシリーズです。

内蔵2GBの録画用メモリを使った"メモリーカメラ"でのコマ落ちのないマルチカメラシステムと、実転送速度300MB超の高速シリアルバスを使った"フレームグラバーカメラ"としての2通りの使い方を実現しました。録画用のほか、リアルタイムセンシングのデバイスとしても活躍します。

運動・流体スポーツ科学・バイオメカニクス・燃焼・衝突・破壊・液滴・顕微鏡下・ロボットビジョン・リアルタイムセンシング・ライン挙動・不具合解析など様々な研究用途/生産技術現場における高速度現象に最適です。

製品特長

高解像度と高速度のバランスが取れた仕様

最大131万画素(1,280 x 1,024)で200コマ/秒、画像サイズをセグメントすることで最大4,000コマ/秒の撮影が可能です。

主要撮影速度、解像度と参考記録時間は下図を参照してください。

高解像度と高速度のバランスが取れた仕様のリスト

内蔵メモリを搭載し、複数カメラの高速ステレオ撮影でもコマ落ちなし

内蔵メモリ記録モードでは、カメラ内部に搭載されている2GBメモリを使用しますので、コマ落ちの心配がありません。1台のパソコンでもセルフパワータイプのUSBハブを利用することで4台、8台、16台など目的に合わせたマルチカメラシステムの構築が容易です。

軽量でコンパクトな筐体

軽量でコンパクトな筐体

記録用メモリを内蔵しているカメラとしては小型軽量な44x44x81.5mm、重さ210gの手のひらサイズの筐体です。

撮影用のコントロールソフトウェアが付属

製品構成にUSB3.0ケーブル、コントロールソフトウェアが含まれています。

使いやすさを重視したコントロールソフトウェアでヒストグラム、グリッド、ライブ画像回転、フォーカスピーキングなどの補助機能を搭載しています。

撮影用のコントロールソフトウェアが付属

リアルタイムの処理用センシングデバイスとしての活用も可能

DMA転送モードでは64bitOSによる大容量メモリを使った直接記録撮影のほか、リアルタイム処理用センシングデバイスとしての活用も考えられます。

制御用ライブラリなどオプション提案が可能です。

製品スペック

カメラスペック

カメラタイプ A/D10bit モノクロ(HAS-U1M)/カラー(HAS-U1C)
センサー 1/2インチCMOS
有効画素数 1,280x1,024(131万画素)
レンズマウント Cマウント
記録モード 内蔵メモリ/DMA転送
データ出力 USB3.0 Micro-B
シャッター速度 最高1/100,000(10μ秒)
センサー感度(550nm時) 7.7V/lux.s
カメラ電源入力 5V
電源供給方法 USBバスパワー、12ピン電源コネクタ
消費電力 4.5W以下
重量(カメラヘッドのみ) 約210g
サイズ 44x44x81.5mm(突起物を除く)

コントロールソフトスペック

トリガー スタート、エンド、センター(3.3V TTLまたは接点)
およびモーショントリガー
補助機能 ヒストグラム、補助線表示、フォーカスピーキング、ライブ画像回転、フレーム時間書き込み、トリミング、情報テキスト出力
画像ファイル AVI、WMV、BMP/Jpeg、RAW
対応OS Windows7,8,8.1,10

オプション

ハイスピードカメラ(高速度カメラ)

pagetop