ハイスピードカメラ(高速度カメラ)、画像解析、運動解析ならディテクト

  • サイトマップ

MENU

モーションキャプチャー

PRO-TrackerⅢ

PRO-TrackerⅢ画像

光学式リアルタイムモーションキャプチャー

光学式リアルタイムモーションキャプチャーシステム
PRO-TrackerⅢ

PRO-TrackerIIIは、人間の動作解析は元より、装置・機械や船舶モデル実験など工学分野にも最適な光学式3次元リアルタイムモーションキャプチャーです。

学術分野

  • リハビリテーションでの動作分析、歩行分析、スポーツのフォーム解析
  • バイオメカニクス、人間工学での動作計測

アミューズメント分野

  • ゲーム、アニメーション、CG制作時のフルボディ、フェイシャルのモーションキャプチャー
  • バーチャルライブでのモーションセンシング

運動計測:工学分野

  • ヒューマノイド・自律型移動ロボットの運動計測、ビジュアルフィードバック用センシング
  • アームロボット・レスキューロボット評価時の運動検証
  • 振動台での非接触振動試験
  • 水理実験(水槽)での船舶モデルなど浮体の6自由度運動解析

PRO-TrackerIIIはダイナミックキャリブレーション対応の本格的モーションキャプチャーながら機動性に優れ、簡単にセットアップ可能です。

常設型の大がかりな海外製システムと同じように高水準3次元データを提供します。

純国産モーションキャプチャーで、LEDマーカ等ハード開発も含めお客様個別の御テーマに最適なトータル提案も致します。

製品特長

使いやすさ、精度、安定性に重点をおく本格仕様

リアルタイムでマーカーの座標値を3次元計測するため、カメラは、VGA?XGAサイズを最大で24台まで接続します。

人の動作分析など死角が生じやすい計測内容でも、カメラの台数を増やすことで欠落のないスムーズなデータを取得することが可能です。

画像処理機能として、背景差分、フィルター処理、二値化、ラベリング処理までを専用ハードウェアで行い、PC側の処理が大幅に軽減されています。

さらに画像処理で得られた座標値とともに、非圧縮動画をPCに転送しますので、PCのモニタ上で各カメラのライブ映像の確認や、オリジナル動画像の保存が可能です。

用途別キャリブレーション

ダイナミックキャリブレーション

スティック状の3ポイントキャリブレータ(ワンド)を測定エリア内でくまなく振り回すことにより、キャリブレーションが可能です。

広い空間を計測エリアとする場合などに便利なキャリブレーション手法です。

固定式のキャリブレータ

専用のキューブ型フレームキャリブレータを計測エリアの置くことにより、自動でキャリブレーションすることが出来ます。

システムを機動性高く運用する場合など、カメラ設置とキャリブレーションが頻繁に必要な時に短時間で行えて便利です。

3次元座標データ計測

各カメラから算出された2次元座標(カメラ座標)を元に、エピポーラ線、座標トラッキング、剛体設定などを組み合わせて3次元計測します。

連続してID番号付けされた、3次元座標をリアルタイムに、精度よく算出する事が出来ます。

剛体設定

計測対象のポイントの中で相対的な位置関係が不変の任意の3?6ポイントを利用して、剛体設定(グルーピング)の設定が可能です。

死角で計測できなかったポイントを推定計算可能です。

またポイント同士が画面上近接して密になってしまう状態でも、グループ内外のポイントを精度よく識別し、データの時系列での入れ替わりや欠落を防ぐ事ができます。

CGオブジェクト割当

剛体設定されたポイントにCGデータを割り当て、CGオブジェクトを動作させることが可能です。

(オブジェクトは複数設定することが可能ですが、CPUの負荷により上限があります。)

この製品の導入事例

サッカーのシュート運動解析

ディテクトの運動計測システムで生成された3次元データは、CGソフトウェア「Motion Builder(別売:Autodesk社)」を使用す...

 

続きを見る 続きを見る

オプション

モーションキャプチャー

pagetop