ハイスピードカメラ(高速度カメラ)、画像解析、運動解析ならディテクト

  • サイトマップ

MENU

PIV(流体解析)、運動解析、画像計測ソフトウェア

液滴角度

液滴の角度変化を計測した動画です。高速カメラでバックライト撮影した液滴の画像を処理します。角度計測は静止画1枚であればDIPP-Image、動画の連続処理ならDIPP-Macroで行います。本解析はDIPP-Macroで行っています。結果は数値で得られ、分かりやすく画像内にオーバーレイ表示しています。

 

液滴の作る角度が時々刻々でどのように変化するか、一瞬の時系列変化を定量化することで品質の管理や新しい製品の研究開発に役立ちます。

 

素材、材料の分野やメカトロニクスの品質改善にはこのようなミクロの世界から新しい情報を取得することが次の開発に繋がります。

 

ミクロの世界についてはまず拡大撮影のノウハウが必要です。次に画面内の相対速度が速くなりますので、ハイスピード撮影の技術が必要です。このように可視化された画像が得られたら、最後はそこから数値データを導くプロセスが大切です。ディテクトではこれらの全てにおいて豊富な経験でお客様の課題を解決します。

PIV(流体解析)、運動解析、画像計測ソフトウェア

pagetop