ハイスピードカメラ(高速度カメラ)、画像解析、運動解析ならディテクト

  • サイトマップ

MENU

PIV(流体解析)ソフトウェア

PTVにも対応した[Flownizer2D]と更にステレオPIVに対応した[Flownizer2D3C]は、風洞実験・水槽実験での流速計測全般で活躍します

画像・アナログ信号入力ソフト

PIVソフトウェア(流体解析)

PTVにも対応した[Flownizer2D]と更にステレオPIVに対応した[Flownizer2D3C]は、風洞実験・水槽実験での流速計測全般で活躍します。

流体解析とは

いろいろなセンサーや計測装置を使って行う内容ですが、ディテクトでは「画像処理」を応用したアプローチを提案しています。 流体の設備構築(風洞、水槽)から始り、可視化、撮影・記録、画像処理による計測、そしてその解析となります。

PIVとは

濃淡情報としてトレーサー群を画像間でマッチングする手法で、粒子像流速とも言います。 PTVとは、トレーサーを一個ずつ画像間でトラッキングする手法で、粒子追跡流速とも言います。

本製品(PIVソフトウェア)の役割は、画像処理による計測(流速計測)の部分です。 流体の中にセンサーを入れる方式とは異なり、画像処理では非接触計測できるというメリットがありますが、「見る」ために煙や粉体といったトレーサーを流体に流す必要があります。本来の流れそのものに影響ができるだけ小さくなるように、細かくて軽い(比重が1に近い)ものをその実験内容に応じて使い分けします。 撮影に関しましては、“フレーム間の粒子の移動量は5画素ないし10画素”という指標で、カメラの画角・解像度・フレームレートを選定します。 実際の流れの速さにも依存しますが、精度を上げる目的で狭い視野を拡大撮影しますと相対的に画像上の速度が速くなりますので、よりフレームレートの高いカメラ(ハイスピードカメラ)を選定する必要が出てきます。

ラインナップ

pagetop