ハイスピードカメラ(高速度カメラ)、画像解析、運動解析ならディテクト

  • サイトマップ

MENU

運動解析、画像解析ソフトウェア

【新製品】DIPP-Strain

物体の変位とひずみを測定

 

ひずみ解析ソフトウェア
DIPP-Strain

計測対象物に白色と黒色でランダムパターンができるように塗布し、

デジタル画像相関法(DIC: Digital Image Correlation)を使用して、物体の変位とひずみを測定します。

DIPP-Strainは、これまで多くの画像解析ソフトウェアを開発してきたディテクトが、

操作性と処理速度に重点を置き開発した、低価格なひずみ解析ソフトウェアです。

ひずみ(歪)とは?

元の長さに力が加わり、伸びたり縮んだりした割合のことを「ひずみ」と呼びます。

ひずみには単位がありませんが、ε(イプシロン)やst(ストレイン)、%(パーセント)を単位の代わりに使用することがあります。

製品特長

■ 計測対象は、金属・樹脂・木材・コンクリート・ガラス・ゴムなど様々な材料が計測可能です。

■ 2次元計測(2D-DIC)とStereo計測(Stereo-DIC)をご用意。

  2次元計測はカメラ1台、Stereo計測はカメラを2台使用し測定を行います。

■ カメラや照明などを含めたシステム提案とソフトウェアのみのご提案がございます。

2次元ひずみ解析ソフトウェア

3次元ひずみ解析ソフトウェア

デジタル画像相関法の概要

1時刻目で設定したサブセットを、2時刻目で隣接した画素を探査し、

相関係数の高い箇所を変位後のサブセットとして設定します。

この作業を繰り返し座標を出力していきます。

 

出力データ

キャリブレーションプレート

様々なサイズをご用意しています。

キャリブレーターサイズについては、ご要望に応じてご提案可能です。

 

商品構成

 商品名  機能  納品物  オプション
 DIPP-Strain 2D  2次元計測

 セットアップCD

 USBキー(ドングル)

 マニュアル(PDF)

 追加USBキー

 DIPP-Strain

 2D/Stereo

 2次元計測

 Stereo計測

 セットアップCD

 USBキー(ドングル)

 マニュアル(PDF)

 追加USBキー

 キャリブレーションプレート

 DIPP-Strain

 Stereo

 Stereo計測の追加

(2次元ユーザー様向け)

 セットアップCD

 USBキー(2Dと交換)

 マニュアル(PDF)

 追加USBキー

 キャリブレーションプレート

動作環境

 推奨動作環境  OS  Windows10 Home/Pro (64bit 日本語/英語)
 CPU  Intel Core i5以上(マルチコア推奨)
 HDD  空きが10GB以上
 メモリ  8GB以上
 モニタ  画素数 1920x1080以上
 主な出力項目  2次元  X方向ひずみ、Y方向ひずみ、せん断ひずみ、主ひずみ
 ステレオ  体積ひずみ、対数ひずみ、変数勾配テンソル
 入力画像形式

 AVI, WMV, MPEG, CINE, JPEG連番, BMP連番, GIF連番, TIFF連番, PNG連番

 動画出力形式  AVI, MP4, WMV, JPEG, PNG, BMP

 

 ※出力項目については、随時追加予定です

推奨カメラ

 カメラ  画素数  フレーム数  センサーサイズ  レンズマウント
 静的実験用カメラ  4096x4000  32fps  1.1型  Cマウント
 動的実験用カメラ  2560x2048  250fps  1型  Cマウント
 1920x1080  2000fps  4.3型  Cマウント

運動解析、画像解析ソフトウェア

pagetop